お役立ち情報

ダイエットに効果的! 正しいスクワットとは

みなさま
こんにちは!

湘南・藤沢の体幹トレーニングジム Weekly(ウィークリー)の矢吹です。

前回は運動習慣の大切さについて、週1回からでも運動習慣を身につける事により
『日々の生活や未来の暮らしに大きな変化をもたらします!』
と言うことをお伝えいたしました。

全ての方々にいつまでも健康的に不自由なく、たくさんの選択肢を持ち続けて、充実した日々を過ごしていただきたいと思っています。
旅行先でご当地のものを食べたり、遠くの家族や友人に会いに行ったり、マラソンや山登りなどの趣味を楽しんだり…
そのような生活が実現できるのは、健康なカラダがあってこそではないでしょうか?

何かあってからではなく、何かある前に。
だからこそ、今から運動習慣を身につけておくことが大切です。
運動を始めることに、遅すぎることは決してありません。

 

さて、今回はWeeklyでも取り入れているトレーニングメニュー『スクワット』のご紹介です!

皆さんも既に『スクワット』というメニューをご存知かもしれませんが、 正しいフォームで取り組めている人は非常に少なく、多くの人は膝や腰へ負担をかけてしまう動きになっているのが現状です。
せっかく頑張ってスクワットをしても、逆効果になってしまっては本末転倒。。。
スクワットは正しいフォームを習得することにより、カラダに無駄な負担をかけずに多くのメリットを与えてくれます。

では実際にスクワットには、どのような効果があるのでしょうか?
まず始めに知っていただきたいのが、下半身の筋肉量です。
下半身には全身の6割~7割の筋肉がありますので、その大きな筋肉を動かすことにより代謝UPや脂肪燃焼の効果にも繋がります。
よくお腹のお肉を落としたいと腹筋運動をされる方がいらっしゃいますが、腹筋よりもスクワットなどの下半身の運動を取り入れた方が数倍も効果的なのです!

気になるスクワットのメリットですが、
☆代謝UP
☆脂肪燃焼効果
☆血流改善(むくみ防止)
☆姿勢改善
☆腰痛の防止
ご覧の通り、代謝UPによるダイエット効果から姿勢改善、そして血流の改善まで多岐にわたりスクワットには多くの効果があります。
これを知ると、正しいフォームのスクワットをやってみたくなると思います。

それでは『正しいフォーム』です!

【スクワット・フォーム】
①足幅は腰幅より少し広めにとりましょう
②太ももが床と平行になるぐらいまで腰を下ろしましょう(無理のない範囲で)
③①の姿勢に戻ります
④呼吸はしゃがむときに吸って、立ち上がる際に息を吐きます

<注意点>
・目線は正面を向きましょう
・膝はつま先より出過ぎないように
・膝とつま先の方向を揃えましょう
・スピードは一定

よく腕を振って反動をつけたり、膝がつま先より出過ぎたフォームで行う方がいらっしゃいます。
それでは下半身の筋肉をメインに使えていなかったり、膝への負担に繋がってしまうので、正しいフォームを意識してゆっくり丁寧に行うよう気をつけていきましょう!
まずは、無理のない範囲で10回×2~3セットから初めてみることをおすすめします。
これだけでも階段の上り下りが楽になったり、腰痛の改善、下半身のむくみ改善にもつながります。
スクワットこそ、絶対に抑えておきたいトレーニングメニューなのです。
(関節に痛みがある方、カラダに不安のある方は整形外科などの医療機関へ受診してから行いましょう)

しかしながら、個々の筋力や柔軟性、クセなどの特徴がありますので、正しいフォームを習得することはなかなか難しいのが現実です。
一生懸命頑張っていても、やはり一人で行うには不安がつきものです。

そこで!!
そのような不安を解消し、一人一人に適したフォームを的確にお伝えできる場所こそが『Weekly』なのです。
もちろん運動が苦手の方、不安な方でも大丈夫です。

現在通われている方々も、ほとんどの方がスタート時はスクワット未経験者でした。
カラダに詳しい国家資格を持つトレーナーが一つ一つ丁寧に楽しくお伝えしながら、今ではみなさまが正しいフォームを習得し、体質の改善や脂肪燃焼によるスタイルアップ、姿勢の改善に繋げることができていて、ますます頑張ってくださっています。

ぜひWeeklyで正しいフォーム、正しいカラダの使い方を身につけて、健康的な生活を送り続けることのできるカラダづくりをしていきましょう!

何事もまずは始めてみることです!
ぜひその一歩をWeeklyで!



ご紹介による入会は、入会金無料!
営業時間内のご見学大歓迎です!
どうぞお気軽にお越しくださいませ。


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です