お役立ち情報

健康にもダイエットにも!効果的なブロッコリーの食べ方

みなさま
こんにちは!

湘南・藤沢の体幹トレーニングジム Weekly(ウィークリー)の矢吹です。
これまで運動習慣の大切さやスクワットの正しいやり方などお伝えしてきましたが、今回は
『健康』『予防』『美容』
と言う観点からお伝えいたします。

題して・・・
【健康にもダイエットにも!効果的なブロッコリーの食べ方】です!
皆さんもご存知、栄養素たっぷりな野菜の王様『ブロッコリー』の食べ方について、最新の情報を交えながらご紹介いたします。

まずブロッコリーの栄養素についてですが、食物繊維はキャベツの2倍以上、ビタミンCはレモンの2倍含まれている他、女性が注目する『葉酸』も多く含まれます。
それらの栄養素が腸内環境を整え、免疫力アップや美肌などの効果が期待できます。
そう!ブロッコリーは健康から美容までをカバーしてくれる非常に優秀な食材なのです!

特にビタミンCは筋肉の生成・回復、コラーゲンの生成過程でも必須なので、カラダづくりに非常に重要な栄養素です。
ですので、食事内容を気にするダイエット中にも最適というわけですね。

そして、ブロッコリーやブロッコリースプラウト、ケールなどのアブラナ科の野菜に多く含まれる
『スルフォラファン』という栄養成分が現在注目されています。

この『スルフォラファン』は、体内に取り込まれた化学物質の解毒や抗酸化力を高め、がんを予防する効果があることが知られています。
ちなみに『抗酸化』というのは、カラダが“酸化”することに“抗う”と書きます。
カラダが酸化する=老化ですので、抗酸化作用があるということは『アンチエイジング』への期待大ですね!!

そんな抗酸化作用のあるブロッコリーですが、ビタミンCは水溶性で熱にも弱いため、実は調理法が難しいのです・・・が!!
海外の大学の実験で非常に効果的かつ、栄養価を増やせる食べ方が発見されました。
それはどのような食べ方かといいますと・・・

ズバリ、『刻んで放置する』!!
これだけで栄養素が増えることがわかったそうです。

ブロッコリーには、先述した『スルフォラファン』が含まれ、抗酸化作用以外に脳の機能を改善したり血糖値を調整する働きのありますが、そのスルフォラファンはブロッコリーを傷つけ放置することで増殖する働きがあります。
ブロッコリーを刻んで30~90分放置すると、スルフォラファンは通常調理したものと比べて、2.8倍!
こんなに簡単に栄養素が増えるだなんて、とても素晴らしいですね!

刻んで放置した後は、お好みに合わせて食べればOK!
チョップドサラダにすれば、カンタンでオシャレな栄養満点サラダのできあがり!
健康目的にもダイエットにも効果的なのでぜひお試しください!
加熱せず(3分程度までの短時間で蒸すはOK)ノンオイルのドレッシングやオリーブオイル、MCTオイルをかけて食べることにより、良質な脂質も一緒に摂るのがオススメです。
(良質な脂質やMCTオイルに関しましては、今後のブログでご紹介いたします)

刻んで余った分については冷凍で保存すれば常備野菜としても使えるので、ぜひ毎日の食事にブロッコリーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

カラダは、食べたものでできています。
カラダに必要な栄養素を摂取して、より良い生活を過ごしていきたいですね。

Weeklyのパーソナルトレーニングではお食事のサポートも行なっておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。



グループトレーニング・ジュニア教室、無料体験実施中!
そして、ご紹介による入会は入会金無料!
営業時間内のご見学大歓迎です!
どうぞお気軽にお越しくださいませ。


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です